スマホの「?」を解決!
【雑学編4】
〜AndroidとiPhoneの違い〜

こんにちわ、花子です。
スマホの?(はてな)を解決していきましょう。
もう少し続きます、【雑学編】です。
本日は【Android(アンドロイド)とiPhone(アイフォン)って何?】です。

どちらも一度は聞いた事のある言葉じゃないでしょうか?

今、日本で販売されてるスマートフォンは大きく「Android(アンドロイド)」と「iPhone(アイフォン)」の2つに分かれます。

 

Android(アンドロイド)はGoogle(グーグル)製のOS(基本のソフト…脳みそのような物)を搭載したスマートフォンの事です。

 

iPhone(アイフォン)はアップル社製のOSを搭載したスマートフォンです。

 

このようにスマホを動かす脳みそがそれぞれ違います。
またAndroid(アンドロイド)は機種を色々な会社が出しているので、沢山の種類から選べる所も違います。

 

日本では2020年、Androidは50.2%、iPhoneは49.7%と使っている人の割合が半分になっています。

 

もっと沢山の違いがありますが、まずは作っている会社が違う事…使っている脳みそが違う事…って感じですかね。

違いを覚えておくと機種を選ぶ時の参考になるかもしれません。

 

ではまた一緒にスマホの?を解決していきましょう!

 

 

関連記事:

雑学編

基本編‧アンドロイド

基本編‧らくスマ 

基本編‧IPHONE