スニーカーのコト Vol.5
〜空気でフィット感を調整〜
『INSTAPUMP FURY』

足は2本しかないでしょ!

とよく怒られる
スニーカー大好きYokkoです。

今回は90年代スニーカーブームの立役者
INSTAPUMP  FURYです。
リーボックといえばこれ。

INSTAPUMP  FURY 前期1stカラー(オリジナル)

1994年に発売されましたが、
現在でも店頭に並ぶロングセラー商品です。
中でも圧倒的人気なのが
ファーストカラーの「シトロン」。
当時としては前衛的なデザインとカラーで度肝を抜かれました。
シュータン部分のポンプを使い
空気を入れることでフィット感を調整する機能は斬新でした。

このINSTAPUMP  FURYですが、
型が2つ存在します。
(厳密に言うとプロトタイプを含め3つ)
前期型と後期型。
現在店頭に並んでいるのは前期型です。

「?」

新しいものが後期型じゃないの?

INSTAPUMP  FURY 後期型

そうです。
現在販売されているのは復刻版の型なんです。
僕の解釈も含まれますが、
時系列で整理しますと・・・

94年に前期型発売

・アウトソールのカーボンが割れる
・エアが漏れる
・踵のパーツが劣化で切れる
などの不具合が多発

そのため、わずか1年で改良版の後期型が発売

しばらくの間後期型が発売される

20周年を期に改良された前期型が復刻される

現在に至る

ちなみに僕は前期型が好きです。

左からSUPER LITE・後期型・前期型

よく見るとそれぞれデザインが異なります。
その後はバリエーションも増え、

・アウトドア向け
・ニットタイプ
・サンダル
またコラボモデルも沢山出ているので、
シーンに合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

ではまた次回。

 

 

 

関連記事:

Vol