豊かな生態の宝庫
『モリアオガエル』

 皆様、はじめまして君津市に住み14年 生き物が大好きムツキといいます。今回は、初めての記事なので自分の好きな生き物について調べてきた内容をみんなに知ってもらいたいと思います。

 ここ君津市は「内房のコト」の海あり山ありと書いてある通り、自然に恵まれた場所です。僕はかれこれ14年住んできた中で市街地から離れた山の中に住んできました。そこで初めて感動した生き物がいました。※ここからは両生類や爬虫類などが苦手な方は注意してください!!

モリアオガエル

 その生き物は国の天然記念物にも指定されており今では、木々やキレイな水に恵まれた場所でしか見れない生き物。その名は「モリアオガエル」です。
この子は体長が42mm~82mmとカエルの中では少し大きめのサイズになっています。苦手な方は一発で発狂すると思いますが、この子の魅力や面白い生態をみんなにお教えします\^^/!

モリアオガエルの卵塊

 なんと言ってもこの子は、産卵する場所とそのための方法が驚くほどユニークなんです!まず、一般的にカエルは水中にツブツブの卵を産むのを考えますが、この子の卵は小枝に産み付けるのです。更にその卵は泡状の卵塊と言うものなのです。この中に何十匹もの子供が入っています。しかしここで必要になるのは、卵塊の下に子供が生きるための水場がないといけません。そこでこの子達は小枝の下にキレイな池や大きな水溜りがあるところに産卵をします。中でも産卵するときは一人のメスに複数のオスが集まり枝先に群がり産卵します。本当をもっと詳しくじっくりお教えしたいですが、かなり生々しいないようなんので割愛します。気になる方は実際に君津の森林地域で見てみるのもいいかもしれません。コロナ禍で難しい方はネットなどの動画で見てみるのもありです。

 こんな特殊すぎる生態をもった生き物がいるのかと幼いときに知った僕は好奇心を掻き立てられたのを今でも覚えています。この子に関しての質問や知りたいこともちろんこの子以外でも構いません読んで興味を持っていただけたならインスタやLINEでもご意見を下さい。

 僕はこんなにも珍しい生態を持つ「モリアオガエル」についてもっと多くの人に可愛さや生息する場所の重要性を知ってもらいたいと思っています。

長くなりましたが、今回はこのくらいで終わりたいと思います。次回も君津に住む生き物や素晴らしさをお教えしたいです!

 

 

関連記事:

自然の宝庫『シュレーゲルアオガエル』