思考と生活 By NISO〜あなたが選ぶのなら、赤い薬?それとも青い薬?〜

1999年の映画マトリックスを観たことありますか?劇中、赤い薬と青い薬のシーンを忘れる人は殆どいないでしょう。青い薬(Blue Pill)を選ぶなら、今まで何となく感じた不自然を全て忘れて、あなた自身が信じてる真実に生活し続きます。もう片方の赤い薬(Red Pill)を選ぶのなら、現実の残酷さや深さを見せることにしよう。主人公であるネオはモーフィアスの警告を受けるものの、迷わずに赤い方を選びました。そして、もし今モーフィアスがあなたにこの質問を問うのなら、あなたはどう答えますか?大勢な人はネオの迫力に魅了され、きっと赤いと答えくれるでしょう。しかし、赤いを答えてくれた人々は本当にこの選択肢の裏意味を看破してるでしょうか。

赤い薬の真の意味

赤い薬は実際苦難の道を選ぶことです。システムの裏側から、外側に抜け出すことです。要するに、規則があって、言われた通りに仕事、生活するより、自分の意思や疑問を沿って人生という道を歩くことです。現実世界は厳しいものの、マトリックスの世界は尚更です。ネオの神パワーを見ずに、マトリックスの世界は残酷で厳しいものです。人類は存亡の危機にせめられ、恐怖と不安の中に日々を送っています。機械がいつ最後の砦に攻めてきたのもわからないし、反抗する術もないです。裏切り者のサイファーは最初中途半端の覚悟で赤い薬を選びましたが、真実を見て、かなり後悔しました。偽物とは言え、マトリックスの中に生活は楽です。システムから与えられた安定感により、日々に恐れることもないし、生活も安定しています。こう考えると、サイファーはシステムに戻るを条件にして、主人公一行を裏切ることは理解できないはずでもありません。

我々の世界では赤い薬を選ぶ人間があるでしょうか?

赤い薬を選ぶ人は少なくないけど、実際歴史上に名を残せる人は少ないです。釈迦を例にして、釈迦と弟子が真実を求める道を選びましたが、結局釈迦だけ仏になって、弟子たちの名は殆ど歴史から消えました。真実を求める道は残酷です。釈迦は地位、財宝、美女、美食を何もかも捨てて、困難の道を選びました。その覚悟は他の人と全然違います。しかし、他人、システムの支配の元に生活するのは本当に幸せなものですか?マトリックスの世界でも、結局人間は機械の世界にとって電池に過ぎなく、いわゆるいくつなくしても傷まないの消耗品です。そして、何よりも、その人の人生は本当に満足してるでしょうか?自分の心の底にある疑問を直面に合わせず、逃げるばかりの人生は本当に実感があるでしょうか?

結局選ぶのはあなただけです。

赤い薬は真実を知るために苦難な道を選ぶことです。そして、失敗を恐れず、勇気が必要とされます。その反対の青い薬は違って、何も知らないふりをして、安定で満足感のない人生を送ることです。結局人それぞれいますので、どんな道を歩んでいくのは選択できるのはその個体だけです。さて、あなたのなら、赤い薬か、青い薬か、どっちを選びますか?