100問チャレンジ!
~ITパスポート~
第100問(解答と解説)

【第100問の解答】

 

③ 経常利益

 

【第100問の解説】

 

損益計算書(P/L)は、会計期間における収益と費用を明らかにして企業の経営成績を表示した財務諸表です。

損益計算書には1年間の売上の金額と、それに対する費用の内訳金額とそれにより得られた利益が記載され、利害関係者に企業の経営状況を伝えます。

 

売上高から売上原価を引くことで、売上総利益(粗利益)となり、原価のほかにかかった費用(販売費や、作業員の給料、建物の減価償却費)などを引くと営業利益となります。

この営業利益に、本業以外の収入と支出(受取利息や支払利息)などを加減することで、経常利益が算出されます。

経常利益は、さらに特別損益(固定資産の売却益や災害損失)などを加減して、税引前当期純利益となります。

税引前当期純利益の金額をもとに、納める税額(法人税・事業税・住民税など)が算出され、この税額を減じることでようやく企業が一会計期間内にあげることができた当期純利益が算出されます。

 

 

以上です。

正解できましたか?

 

ITパスポートとは?
その他の問題はこちら
ビジネスに役立つページはこちら