100問チャレンジ!
~ITパスポート~
第59問(解答と解説)

【第59問の解答】

① アクチュエータ

 

【第59問の解説】

 

アクチュエータ(Actuator)は、入力された電気信号を力学的な運動に変換する駆動機構で、機械や電気回路の構成要素です。IoT関連だと、電子錠システムにおける回転ラッチのようなハンドルやレバー、ロボットの間接部、電子弁などコンピュータからの指示を受けて伸縮・屈伸・回転する部分が該当します。

 

設問では、IoTサーバからの指示を受けて、実際に窓を開閉するという物理的な動作を行う部分が問われているので「アクチュエータ」が適切です。

 

◆ アクチュエータは、機器の中で実際に物理的な動作をする部分のことです。

 

◆ エッジコンピューティングは、主にIoTネットワークにおいて、利用者や端末と物理的に近い場所に処理装置を分散配置して、ネットワークの端点でデータ処理を行う技術の総称です。

 

◆キャリアアグリゲーションは、周波数帯の異なる複数の搬送波を束ねることで高速な無線通信を実現する仕組みです。キャリア(Carrier)は、運搬人という意味、アグリゲーション(aggregation)は、集約・集合という意味をもちます。

 

◆センサは、測定した様々なアナログ情報を電気信号やディジタル情報に変換する部品です。

 

 

以上です。

正解できましたか?

 

ITパスポートとは?
その他の問題はこちら
ビジネスに役立つページはこちら