100問チャレンジ!
~ITパスポート~
第48問(解答と解説)

【第48問の解答】

② ABC分析は、パレート図を使って分析する要素・項目群を大きい順に並べ、上位70%を占める要素群をA、70%~90%の要素群をB、それ以外の要素群をCとしてグルーピングする分析手法です(グループ分けの割合は変わる場合もあります)。全体の中で重点的に管理すべき要素がどれだけあるかを明らかにすることができます。

したがって、②の自社の商品を、売上高の高い順に三つのグループに分類して分析する。が正解です。

【第48問の解説】

 

① 顧客の消費行動を、時代、年齢、世代の三つの観点から分析するは、

コーホート分析の事例です。

 

③ マーケティング環境を、顧客、競合、自社の三つの観点から分析するは、

3C分析の事例です。

 

④ リピート顧客を、最新購買日、購買頻度、購買金額の三つの観点から分析するは、RFM分析の事例です。

 

 

以上です。

正解できましたか?

 

ITパスポートとは?
その他の問題はこちら
ビジネスに役立つページはこちら