100問チャレンジ!
~ITパスポート~
第20問(解答と解説)

【第20問の解答】

① アーカイブ

 

【第20問の解説】

アーカイブは、コンピュータで記録された記録や資料などのデータをひとまとまりにして保存すること、またはそのように保管された書庫形式ファイルのことです。よく使われるのはZIP形式です。

 

②関係データベースは、データを二次元の表として設計・表現するデータベース形式です。1行が1つのレコードを表し、列の値を用いて表同士を関連付けます。普通にデータベースと言えば、関係データベースのことを指すほど代表的な形式です。

 

③ ストライピングは、データを複数のディスクに分散して書き込むことで、アクセス性能を向上させる方式です。

 

④ スワッピングは、プログラムやデータの優先度に応じて、主記憶の内容と補助記憶の内容を入れ替えながら処理を行う主記憶の管理方式です。主記憶上にあるプログラムが長時間待ち状態になっている場合に、そのプログラムを実行中のまま補助記憶上の「スワップ」と呼ばれる場所に退避して主記憶に空きを作ります。その空きに他のプログラムをロードすることで主記憶を効率的に使えます。

 

 

以上です。

正解できましたか?

 

ITパスポートとは?
その他の問題はこちら
ビジネスに役立つページはこちら