100問チャレンジ!
~ITパスポート~
第6問(解答と解説)

【第6問の解答】

④ (チャレンジャ)リーダ企業がまだ強化していない地域や分野を攻略するなどの施策を採る。リーダ企業と対決することもあるが、下位企業のシェアを奪うこともある。

 

【第6問の解説】

ポジショニング戦略では、企業のポジショニングを競争上の地位(マーケットシェア)によって4つのタイプに分類し、それぞれの地位に応じた販売戦略を展開するという考え方です。
この4つのタイプが『リーダ』『チャレンジャ』『フォロワ』『ニッチャ』でそれぞれ次のような状態を表しています。

① フォロワ
リーダやチャレンジャが形成した市場の需要を追う市場シェアが3、4番手以降の企業。競合他社からの報復を招かないように注意しつつ、リーダ企業の製品を参考にして、コストダウンを図り、低価格で勝負するフォロワ戦略が適しています。

② リーダ
市場においてナンバー1のシェアを誇る企業。全方位での事業展開を基本方針とし、全顧客を対象とするフルラインナップでも囲い込みを目指すコストリーダー戦略が適しています。

③ ニッチャ
小さいながらも特定の市場で、独自の地位を築いている企業。規模は小さいが、潜在的な需要があるマーケットに照準を定め、その分野でトップを目指す集中型戦略(ニッチ戦略ともいわれる)が適しています。

④ チャレンジャ
リーダーに次ぐシェアを維持し、リーダーに攻撃を仕掛ける企業。製品やサービスなどのあらゆる面で徹底した差別化を図ることで、他企業からの売上・顧客を奪い、市場シェア拡大を目指す差別化戦略が適しています。

 

以上です。
正解できましたか?

ITパスポートとは?
その他の問題はこちら
ビジネスに役立つページはこちら