100問チャレンジ!
~ITパスポート~
第1問(解答と解説)

【第1問の解答】

④ 問題児

 

【第1問の解説】

PPM(プロダクト ポートフォリオ マネジメント)とは、
事業や製品を、市場の成長率と自社の市場占有率(シェア)から『問題児』『花形』『金のなる木』『負け犬』の4つのカテゴリに分類し、今後の事業展開を分析する手法です。
市場成長率の高いものほど資金投下が必要になり、市場占有率(シェア)が高いものほど利益を生み出し将来の資金供給源になります。一般的に、金のなる木で創出した資金を問題児に投入し、花形にするのがよいとされています。

① 金のなる木
市場成長率が期待できないため、投資を必要最小限に抑えてキャッシュインを増やし、『問題児』の事業を『花形』に育てるための資金源としていきます。

② 花形
大きな利益が得られる一方で、多額な資金投下を必要とするキャッシュの出入りが激しく、手元に大きなキャッシュを残さない事業です。
現在の市場占有率(シェア)を維持しながら、成長のための投資を行い、『金のなる木』に育てる必要があります。

③ 負け犬
早期撤退か売却などの判断が必要になります。

④ 問題児
『金のなる木』の余剰資金を早いうちに集中投資をして、シェア拡大により『花形』にするか、『負け犬』になるのを回避するために、早期撤退するかの判断が必要になります。

 

以上です。
正解できましたか?

ITパスポートとは?
問題と解答はこちら
ビジネスに役立つページはこちら